トピックス

2018.09.25 パイライト(黄鉄鉱)中の水素の電気活性に関する論文が、米国物理学会の一般読者向けブログサイトPhysics Buzzで紹介  

KEK物質構造化学研究所・構造物性研究センター(元素戦略プロジェクト[拠点形成型]電子材料領域副拠点)の岡部博孝研究員、門野良典教授らによるパイライト中の水素の電気活性に関する論文

https://journals.aps.org/prb/abstract/10.1103/PhysRevB.98.075210

が、米国物理学会の一般読者向けブログサイトPhysics Buzzで取り上げられ、この物質が地上に最もふんだんに存在する半導体材料でありながら、これまで物性制御が困難だった原因のひとつとして水素が考えられることがミュオンによる研究から示唆されることが紹介されました。



詳細はこちら